交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

ホーム交通研について

交通研について

  • 安全で環境にやさしい交通社会を目指して

    交通安全環境研究所は、昭和25年(1950年)に旧運輸省の研究所として発足以来、長年、国が行う自動車等の陸上交通に係る施策立案・基準策定のための試験研究、自動車等の型式指定審査、自動車のリコールに係る技術的な検証等の業務を通じ、安全で環境にやさしい交通社会の構築に貢献してきております。

    平成28年(2016年)4月1日からは、旧自動車検査独立行政法人と統合し、独立行政法人自動車技術総合機構の交通安全環境研究所として新たなスタートを切ることとなりました。統合後は、両法人の長所を活かし、自動車の設計から使用段階までを総合的に対応するなど、国の施策に対して、一体となった貢献を行います。また、国が行う自動車等の基準策定に係る研究の中核をなし積極的な試験研究や提案を行うとともに、国が行う国際標準化に対して公正・中立なデータや知見に基づき技術的な支援を行います。

  • 交通社会の持続可能な発展に向けて