交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

ホーム研究・業務ご紹介交通システム研究部鉄軌道のシミュレーション技術を用いた運行計画・輸送影響評価手法に関する研究

鉄軌道のシミュレーション技術を用いた運行計画・輸送影響評価手法に関する研究

軌道系公共交通システムの拡大普及のため、運行高速化が強く求められています。その一方で、軌道系交通システムの運転の安全を図るための周辺技術を評価するに当たり、実路線を用いた実証的実験が行えないことが多く、そのためシミュレーション技術の活用が必要となります。また、軌道系交通システムの運休・遅延等のダイヤ乱れは大きな社会的影響を及ぼすため、ダイヤの早期回復など輸送影響を最小化することが求められています。そこで、各種輸送機関の実用化や普及に向けた課題解決に対応可能なシミュレーション技術の高度化を図るとともに、公共交通優先信号や輸送影響最小化となる運行技術要件についても研究を進めていきます。