交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

ホーム研究・業務ご紹介交通システム研究部安全性・信頼性向上を目指した運転支援手法の高度化に関する研究

安全性・信頼性向上を目指した運転支援手法の高度化に関する研究

主要な鉄道への運転状況記録装置及び運転士異常時列車停止装置搭載が義務付けられましたが、その記録データの有効活用を図ることが課題となっています。そこでこの研究では、インシデント等の解析ソフトウェアを開発し、列車運転安全性評価シミュレータにより、インシデント状況の分析及びその事象の防止方法を検討できるシステムを作成します。また、各種の記録装置データに対応する軌道・車両保守担当者及び運行管理者等を支援する手法を開発し、望ましい提示法を示すことを目標とします。

事故時の状況をシミュレータで再現
運転状況記録装置データの解析