交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

ホーム研究・業務ご紹介交通システム研究部画像センシングを中心とした鉄道用予防保全システムに関する研究

画像センシングを中心とした鉄道用予防保全システムに関する研究

地方鉄道では、保守、踏切、ホーム等の安全対策は高コストのため、経営を圧迫しつつあります。低コストで、未然に故障、事故の予防が可能な技術開発がなされれば、活性化が望まれる地方鉄道に対して有効なツールとなるものと考えられます。一方、産業界においては、各種センサや予防安全技術が開発、実用されており、これらを鉄道に応用すれば、低コストで予防保全システムの構築が可能となりえます。従って、低コストで、保守費の低減、安全性の向上が図ることが可能な、センサ技術を利用した地方鉄道用予防保全システムの開発が重要だと考え、研究を進めています。

列車に画像センサと分析装置を搭載