交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

ホーム研究・業務ご紹介交通システム研究部過去の主な研究テーマ衛星を利用した鉄道用保安システムに関する研究

衛星を利用した鉄道用保安システムに関する研究

研究期間

平成18年度~平成20年度

研究スタッフ

水間 毅、吉永 純、林田 守正、大野 寛之、工藤 希

研究の目的と概要

GPS等を利用して列車の位置を把握し、汎用無線を利用して、列車間の間隔、進路を制御する鉄道用保安システムは、地上側の設備がほとんど要らないため、設備コスト、保守コストが低い、省コストな保安システムとなる可能性があります。

そこで、実際にプロトタイプの保安システムを作成して、その安全性を評価する手法を検討して、実際の路線に適用して、安全性を評価する研究を実施しました。

成果

GPSからの受信電波と車両の速度発電機とを組み合わせて列車の位置情報を検知する技術を確立し、無線LANや携帯電話回線あるいは汎用無線等を用いた通信技術と組み合わせることで、保安システムとして活用するプロトタイプを作成し、実験によりその機能を確認しました。今後、日本版GPSと言うべき「準天頂衛星」の実用化にあわせて、本システムの技術を確立し実用化へとつなげていく予定です。