交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

ホーム研究・業務ご紹介自動車研究部次世代大型低公害車の新技術を活用した車両開発等に関する事業

次世代大型低公害車の新技術を活用した車両開発等に関する事業

大気汚染問題や地球温暖化対策の課題の解決に向けて、次世代の運輸エネルギーを利用し、また、環境性能を格段に向上させた次世代低公害トラック・バスの技術開発、実用化及び普及を促進するため、「次世代低公害車開発・普及促進プロジェクト」を実施してきた。
本事業は、「次世代低公害車開発・普及促進プロジェクト」のうち
①電動路線バス
②電気トラック又はプラグインハイブリッドトラック
③次世代バイオ燃料(BDF(Bio Diesel Fuel、バイオディーゼル燃料)を除き、BTL(Biomass to Liquid)及びHVO(Hydrotreated Vegetable Oil、水素化バイオ燃料)を含む。)を燃料に用いることのできるディーゼルエンジン
④高効率のハイブリッドトラック
について、これらの車両又は機関を開発し、又は開発に必要な要素技術を確立し、次世代低公害車の実用性の向上を図るものである。