交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

ホーム研究・業務ご紹介自動車研究部過去の主な研究テーマジメチルエーテルを燃料とする自動車用エンジンに関する研究

ジメチルエーテルを燃料とする自動車用エンジンに関する研究

研究の目的と概要

ジメチルエーテル(DME)は少量の圧力を加えれば液化するので、LPGのように液状でボンベに保存して運搬でき、自動車燃料に適した扱いやすさがあります。一方、軽油燃料と同様に、シリンダ内に噴射するだけでDM Eが容易に自己着火する特長があるので、CO2の少ないディーゼルエンジンに適していると考えられます。さらに、DMEは酸素含有燃料なので燃焼時に煤が発生せず、多量EGRシステムに適しています。そのため、ディーゼルタイプDMEエンジンは、黒煙を出さな い、NOxの少ない、そしてCO2のより低い次世代低公害自動車とな ることが期待されており、DMEエンジンの実用化に向けた研究を進めています。

しかしDME自動車の実用化に当たっては、DMEの燃焼制御方法や、NOx、CO、HCのさらなる排出低減、未規制有害物質の調査や対策、燃料噴射システムの耐久性向上などの技術的課題を解決しな ければなりません。 現在は単気筒エンジンを使って基礎的な面の研究を行っていますが、今後は多気筒エンジンを用いたより実用化に近い領域の研究も進めていきます。