交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

ホーム研究・業務ご紹介自動車研究部ヒューマンエラーによる事故の低減のための効果的な安全運転支援システムに関する研究

ヒューマンエラーによる事故の低減のための効果的な安全運転支援システムに関する研究

交通事故の多くはドライバのヒューマンエラーが原因です。運転中、周りをよく見ていなかったり、別のことを考えながら漫然と運転することが事故につながります。そして、繰り返し事故を起こすドライバがいることが指摘されています。このようなドライバにどのような心理的、生理的特徴があるか研究しています。

また最近、事故を予防するための様々なシステムが開発されており、これらのシステムが広くすべての車両に装備されるべきか、事故を起こしやすい特定のドライバにのみ適用すべきかを事故分析や検証実験などにより明らかにすることを目指しています。