交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

ホーム研究・業務ご紹介自動車研究部予防安全支援システム評価のための総合安全解析交通流シミュレータの開発

予防安全支援システム評価のための総合安全解析交通流シミュレータの開発

予防安全に関する車両安全対策の効果を検討するにあたり、ドライバ・車両・道路環境をコンピュータ上で仮想的に実現することにより、交通事故やヒヤリハット(ニアミス)を再現できるシミュレーションプログラム(A Survey Simulator to Evaluate Safety Systems: ASSESS)を開発しています。このASSESSにおいては、認知・判断・操作を行うドライバが周囲の交通環境を確認しながら車両を自由に運転することができます。ASSESSを利用することにより、安全対策の普及状況などからヒヤリハット件数や事故件数の削減程度を推定し、予防安全支援システムの効果評価を行うことが可能となります。現在は自動車走行時の走行ビームの配光を可変とするAdaptive Driving Beam(ADB)の効果の評価に取り組んでいます。