交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

ホーム研究・業務ご紹介自動車研究部歩行者事故の防止及び被害軽減に関する研究

歩行者事故の防止及び被害軽減に関する研究

近年、交通事故全死者数のうち歩行中の死者数の割合が大きくなってきており、さらなる死亡事故削減を目指す上で歩行者保護は最も重要な課題の一つです。これを解決すべく、歩行者事故の防止や衝突時の被害軽減が期待される予防安全技術である衝突回避・被害軽減ブレーキシステムを搭載した車両が販売されるようになりました。そこで、現在、このシステムによる衝突回避・被害軽減の効果を客観的に評価できる方法を確立することが広く求められています。本研究では衝突回避・被害軽減ブレーキシステムの性能の定義のあり方と効果評価の手法の提案を目的として、実際にシステムが搭載された車両を用いた実験を行い、その結果を基に上記に関する検討を進めています。