交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

ホーム研究・業務ご紹介自動車研究部次世代制動支援システムの評価に関する研究

次世代制動支援システムの評価に関する研究

周囲の状況を検知し、その情報を基に追突を回避する車間距離警報装置や衝突被害軽減ブレーキなどの予防安全システムが車両に実装されつつあります。これらのシステムは今のところ前方障害物の検知のみに止まっていますが、周囲状況だけでなくドライバの状態をも検知するシステムの開発が進められています。同時に、このようなシステムが有する安全性能を客観的に評価することも併せて求められ、安全性評価には一定の基準が必要になります。現在、その基準は自動車交通に関する国際的な会議において検討されていますが、その場へはあらかじめ実験・検証データを蓄積して臨むことが求められます。本研究は、周囲環境の検知のための手法や性能に関する調査、ドライバの状態検知のための技術要件や効果の調査を通じ、予防安全システムの基準策定につながるデータや知見を蓄積することを目的としています。