交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

ホーム研究・業務ご紹介自動車研究部子供乗員、小柄乗員の衝突安全性に関する研究

子供乗員、小柄乗員の衝突安全性に関する研究

交通事故死者数の更なる低減を図るため、子供や高齢者など体格が小柄な乗員を考慮した衝突試験法の確立が求められています。現行の法規で定められた前面及び側面の衝突試験法では成人男性の標準体格を模擬したダミーで評価が行われており、小柄な乗員の安全性が標準体格の乗員と同等に保たれているかの懸念が生じています。一方、チャイルドシート(CRS)については前面衝突に関する法規のみが定められており、現在、自動車交通の国際会議において側面衝突に関する法規が検討されています。さらに、最近では幼児専用車(幼稚園バス)の事故も多く、幼児乗員のシートベルト装着の必要性が唱えられています。

本研究ではCRSの側面衝突試験法や幼児専用車におけるシートベルトなどの乗員拘束装置の検討と性能要件の策定、小柄な乗員の衝突安全性を向上させる方策の検討に必要なデータの取得を主な目的としています。