交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

大型貸切バス車室内の換気状況可視化実験概要

大型貸切バス車室内の換気状況を調査するため、令和2年9月25日に車室内の空気流動を可視化する実験を行い、その優れた換気性能を確認しました。利用者の方々におかれましては、安心して貸切バスをご利用いただければと考えております。

◆開催日時等

日時:令和2年9月25日(金)14:00~ 第1審査棟

◆当日実施した実験内容

(実験1) 客室内の空気が入れ替わる時間を測定する

 実験室・車内灯を点灯し、客室内をスモークで充満させて後、空調機のスイッチを入れ、スモークが消えるまでの時間を測定する。

(実験2) 客室内の空気流動を可視化する

 実験室・車内灯を消灯。暗い状態の客室内をスモークで充満させ、そこにレーザー光を照射することで、スモークを可視化した後、空調機のスイッチを入れることで、レーザー光によって可視化された客室内のスモークの流動を確認する。

詳細は以下をご確認ください。

客室内をスモークで充満させた後、空調機のスイッチを入れ、5分程度でスモークが消えることが確認できます。

動画1 車室内の空気が入れ替わる時間測定

車体上部で発生させたスモークで車室内に導入される状況を可視化することにより、車室内への外気導入の状況を確認できます。

動画2-1 屋根上エアコンユニットへのスモーク供給

動画2-2 車室内への外気導入の可視化その1(バス進行方向)

動画2-3 車室内への外気導入の可視化その2(バス進行方向)

車室内の空気が車室内の後部から吸入、排出口から排気される状況を可視化することにより、その状況を確認できます。

動画3-1 車両後方換気ファンによる空気吸い込み可視化

動画3-2 車室外への空気の排気状況の可視化

水平方向にレーザーシートを照射し、乗客の顔付近の空気の流動状況を可視化し、その換気性能を確認できます。

動画4 乗客の顔付近の空気の流動状況の可視化その1(水平方向)

鉛直方向にレーザーシートを照射し、乗客の顔付近の空気の流動状況を可視化し、座席間でも良好な空気の流れが形成されていることを確認できます。

動画5-1 車室内への外気導入の可視化(鉛直方向)

動画5-2 乗客の顔付近の空気の流動状況の可視化その2(鉛直方向)