交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

鉄道製品認証システム(認証スキーム文書)の見直しに係る重要な変更に関するお知らせ

2020年02月19日

認定機関の規程改定に伴う、認証スキーム文書の認証の一時停止に係る手順、認証の取消しに係る手順及び申請に先立って実施された認証に関連する評価結果又は試験結果の活用範囲に係る主な変更点は、以下のとおりです。詳細は、各規程をご参照ください。
なお、施行は令和2年4月1日です。

1.認証の一時停止解除のための手続き
従前、認証スキーム文書には認証の一時停止を行う場合の措置のみが規定されていました。今回新たに、不適合の是正処置が完了した場合、その実施効果を確認するため再評価を行い、一時停止の解除が決定された場合は認証取得者に書面で解除を通知する旨を認証スキーム文書に追記しました。

2.認証の取消しの場合の認証取得者に対する処置
従前、認証スキーム文書には認証の取消しを行うことができる旨規定されていました。今回新たに、認証の取消しを行った場合、認証取得者に対し、製品認証に言及している全ての宣伝・広告物の使用の中止、製品供給先への取消しの通知及び全ての認証文書の返却を要求する旨を認証スキーム文書に追記しました。

3.認証の申請に先立って行われた認証に関連する評価結果又は試験結果の活用範囲
従前、次の①~③のいずれかの条件を満たした場合に評価結果等が活用できるとマネジメント文書に規定されていました。
① 鉄道認証室が既に授与した認証の評価結果
② 国際相互承認取決に署名している認定機関の認定を受けている認証機関又は試験機関により実施された評価結果又は試験結果
③ 鉄道認証室がISO/IEC 17025の要求事項を満たしていることを確認した試験機関の試験結果

今回新たに、次の①~④のいずれかの条件を満たした場合に評価結果等が活用できることを認証スキーム文書に追記しました。

① 認証機関自身が既に授与した認証の評価結果(注:従前①と同じ)
② 国際相互承認取決に署名している認定機関の認定を受けている認証機関又は試験機関により実施された評価結果又は試験結果(認定範囲が審査しようとする認証に関連する評価又は試験を含む場合に限る。)(注:従前②に一定の限定条件を追加)
③ 認証機関がISO/IEC 17025(JIS Q 17025)の要求事項を満たしていると確認した試験機関によって実施された試験結果(注:従前③と同じ)
④ 認証機関がISO/IEC 17020(JIS Q 17020)又はISO/IEC 17065(JIS Q 17065)の要求事項を満たしていると確認した機関によって実施された評価結果であって、その評価結果が審査しようとする認証に関連する規格の要求事項を満たすことを確認した場合(注:一定の機関による一定の評価結果を新たに追加)
新たな規程類は、以下のリンクよりダウンロードすることができます。

・鉄道製品認証システム
・鉄道製品認証業務取扱手順

【このお知らせに関するお問い合せ先】
 独立行政法人交通安全環境研究所鉄道認証室(NRCC)
 〒182-0012 東京都調布市深大寺東町7-42-27
 Tel:0422-41-3344(平日 9時~17時)
 Fax:0422-41-3344
 E-mail:NRCC_at_ntsel.go.jp(_at_はアットマークに変更してください)