交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

【終了しました】シンポジウム 自動車と大気環境-環境計測技術の進展-

2012年12月07日

終了しました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

自動車排出ガス中および大気環境中の有害物質計測に関する最先端の計測技術、および測定例の紹介を通じて、自動車排出ガスおよびその大気環境への影響の現状を議論します。

2012年11月13日 13:00~
会場:化学会館ホール (お茶の水)
http://www.chemistry.or.jp/kaimu/office/map.html
主催:交通安全環境研究所、国立環境研究所、東京大学大学院新領域創成科学研究科
協賛:自動車技術会、日本機械学会、日本燃焼学会、大気環境学会、日本エアロゾル学会、日本化学会
参加費:無料

プログラム

13:00開会
13:00 - 13:10「環境研究総合推進費の取組み」
国際環境研究協会 河合 崇欣 氏
13:10 - 13:40「赤外CRDS法による自動車排出ガス中のニトロ化合物測定」
交通安全環境研究所 山田 裕之 氏
13:40 - 14:10「質量分析法による排ガス中ニトロ化合物のオンライン測定」
国立環境研究所 猪俣 敏 氏
14:10 - 14:40「二酸化炭素の安定炭素同位体比計測による起源推定」
東京大学大学院新領域創成科学研究科 戸野倉 賢一 教授
14:40 - 15:00休憩
15:00 - 15:50「ディーゼル排ガス中の微粒子の光学特性」
名古屋大学太陽地球環境研究所 松見 豊 教授
15:50 - 16:40「自動車排出ガス原単位の算定および排出ガス総量の推計」
慶應義塾大学大学院理工学研究科 飯田 訓正 教授
16:40 - 17:30「自動車から排出される有害物質計測の問題点
-自動車排出ガスの捕集・前処理・分析時のアーティファクト-」
日本自動車研究所 秋山 賢一 氏
17:30 - 17:40「挨拶」
東京大学大学院新領域創成科学研究科 戸野倉 賢一 教授
17:40閉会

講演時間は質疑応答(10分程度)含む

申し込み/問合せ先

E-mail: sympo_12@ntsel.go.jp
Tel: 0422-41-3460