交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

技術開発の要点と年次計画

技術的特徴

  • 高過給、広域多量EGRシステムによる希薄燃焼の新方式の採用(一部予混合圧縮着火燃焼を含む)
  • 高Pmax対応エンジン構造
  • NOxセンサ、λセンサの活用による排気後処理システムの精密制御

主要な新規開発要素技術

  • 次世代高圧コモンレールシステム
  • 電子制御式高過給対応ターボチャージャ
  • 電子制御式の広域多量EGRシステム(含むEGRクーラ)
  • NOx、PM同時低減後処理システム
  • 専用のEGR装置および吸蔵De-NOx触媒