交通安全環境研究所 National Traffic Safety and Environment Laboratory

パラレルハイブリッドトラック

ハイブリッド自動車とは、内燃機関と電気モータ等、2種類の動力源を組み合わせて用いる自動車である。異なる動力源をそれぞれの適性に応じて使い分け、また、減速時のエネルギーを回生できることから、排出ガスや燃料消費効率を大幅に改善できる可能性がある。
パラレルハイブリッド方式は車両の走行に、内燃機関と電気モータを併用、あるいは使い分ける方式であり、電気モータで車両の走行に必要なパワーを一部分担することにより、排出ガスや、燃費の多い高負荷領域での内燃機関の運転を避けることができる。

本プロジェクトでは、パラレルハイブリッド技術を基軸として、排出ガス及び二酸化炭素を大幅に低減した大型トラックを開発する。
このため、高効率なリチウムイオンバッテリや永久磁石型同期回転機、減速エネルギをより多く回生できるワンウェイクラッチ(OWC)、外部で製造された電気エネルギを容易に充填できるIPTシステム等、新技術を導入して、より一層のエネルギ回生量の増加とシステムの高効率化、多様なエネルギ資源を広く活用出来る動力システムの開発を行った。